インドの感染爆発から、日本と世界が学ぶこと、すべきこと

「明けない夜はない」~前向きに正しくおそれましょう

豊田 真由子 豊田 真由子

世界全体で収束させるために、助け合わないと、パンデミックは終わらない。

以前より同じことを申し上げて恐縮ですが、現代社会は、グローバル化が進み、航空網が発達し、ウイルスはたちまち世界中を駆け巡ります。自国だけ・自分だけ助かろうと思っても、結局は、感染を止めることはできません。自分を・自国を助けたければ、他者や他国を助けることが必要になります。「ウイルスを日本に入れない」ことはもちろん大切なのですが、それだけではダメで、「世界全体で抑える、そのために助け合う」ことが、求められます。

したがって、人道的な意義だけでなく、こうした視点からも、欧米やWHOは、人工呼吸器や酸素圧縮機、ワクチンや治療薬等を至急インドに提供することにしています。

自国を守るため、世界を守るため、一人ひとりの努力が求められます。

【参考】
世界の感染状況
世界の新規死者数
国立感染症研究所
訪日外客数、出国日本人数(日本政府観光局)
変異株流行国・地域の指定(4月28日)(厚生労働省)
世界のワクチン接種状況

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース