「W杯」使っちゃだめ? ラグビー日本大会盛り上げたいけれど… スポンサー権利侵害の恐れ

どなどな探検隊(パートナー記事)

神戸新聞社 神戸新聞社
神戸の観光やグルメをPRする「TRY! KOBE」のバナー。全体は日の丸に、真ん中の赤い部分はラグビーボールに見える=神戸市中央区(撮影・鈴木雅之)
神戸の観光やグルメをPRする「TRY! KOBE」のバナー。全体は日の丸に、真ん中の赤い部分はラグビーボールに見える=神戸市中央区(撮影・鈴木雅之)

 実は、バナーの裏側は公式にW杯をアピールするデザイン。市観光企画課は「試合会場にアクセスする地下鉄海岸線に向かう人にはW杯、観戦後に三宮方面に向かう人には観光やグルメを、それぞれ表裏で誘導したい」と狙いを話す。

 官民でつくる神戸観光局も、大会名などを使わず、ラガーマン精神を想起させるキャッチコピー「One for KOBE KOBE for One(一人は神戸のために 神戸は一人のために)」を考案。おもてなし事業を発信するサイトやチラシに使うが、「2002年のサッカーW杯の時より規制は厳しいようだ」と担当者は漏らす。

 熊本県では、W杯のPRに「くまモン」などご当地キャラを単体では使えず、大会公式マスコット「レンジー」とのセットが必須。W杯には直接触れず、日の丸カラーのジャージー姿やラグビーボールを持ったくまモンのイラストを商品に添えるなど、民間業者が知恵を絞っているという。

 東日本大震災の被災地で唯一2試合を行う岩手県釜石市でも、独自に「釜石ラグビー」のロゴを考案。タオルなどの商品がW杯公式グッズとともに店頭に並ぶ。釜石まちづくり株式会社は「釜石のロゴはW杯終了後も見据えた『ラグビーのまち』としての取り組みにつながる」とした上で「ルールは分かるが、草の根的な活動を進める上で許容範囲が広がれば、より盛り上がるのでは」とする。(北海道新聞、岩手日報、西日本新聞、神戸新聞・石崎勝伸)

(神戸新聞「スクープラボ」から)

→神戸新聞NEXTのウエブサイトは

https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/scooplabo/201909/0012725751.shtml

▼どなどな探検隊 パートナー協定について

 まいどなニュースはオンデマンド調査報道の充実に向けて、北海道新聞、岩手日報、河北新報、東京新聞、京都新聞、中国新聞、神戸新聞、テレビ西日本、エフエム福岡、琉球新報と連携協定を結んでいます。「どなどな探検隊」に寄せられる調査依頼や内部告発のうち、取材対象地域外に関するものなどは各社と情報を共有。北海道新聞の「みんなで探る ぶんぶん特報班」岩手日報の「特命記者−あなたの疑問、徹底解明−」、河北新報の「読者とともに 特別報道室」、東京新聞の「ニュースあなた発」、京都新聞の「読者に応える」、神戸新聞の「スクープラボ」、中国新聞の「こちら編集局です あなたの声から」、琉球新報の「りゅうちゃんねる~あなたの疑問に応えます」の記事を相互交換し、新聞や自社のウェブサイトに随時掲載します。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース