「自由研究」のネタ探しへGO!「見る、さわる、体験する」京都鉄道博物館

山王 かおり 山王 かおり

 今も昔も小学生が頭を悩ませる夏休みの宿題といえば「自由研究」が代表格。“テーマが自由”なだけに、何をしたらいいのか分からなくなった経験はないだろうか。大人になってもネタ探しは、ちょっと難しい。そんな悩める親子におすすめしたいスポットが、京都鉄道博物館(京都市下京区)だ。

 同館は2016年4月に「地域と歩む鉄道文化拠点」をコンセプトにオープン。蒸気機関車から新幹線まで、なんと53両の貴重な車両を保存している。「見る、さわる、体験する」をテーマにしており、子どもや鉄道好きだけでなく、一般の大人でも知的好奇心をかきたてられるような博物館だ。

 さて自由研究のネタだが、副館長の藤谷哲男さんが特におすすめするテーマが蒸気機関車。同館では扇形車庫に蒸気機関車を20両も保存しており、実際に乗り込んで操縦席などに触れることもできる。「なぜ蒸気機関車が走らなくなったのか。蒸気機関車が現在のようなディーゼルカーや電車に変わったのはなぜなのか。歴史や社会、労働環境などいろいろな面から探ってみるのは面白いのでは」とのアドバイスだ。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース