淡路島舞台のRPGがすごすぎ 地方創生ものと思ったら…なにこの切なさ!完成度!  

南 文枝 南 文枝

 人気RPG(ロールプレイングゲーム)「ドラゴンクエスト」シリーズを生んだゲームデザイナー、堀井雄二さんの出身地である兵庫県の淡路島を舞台にしたRPGアプリ「はじまりの島」が、2019年4月6日、淡路島日本遺産委員会からリリースされた。キャッチフレーズは「淡路島と神話を、守れ」。さっそくスマートフォンにダウンロードし、プレイしてみた。

■淡路島の男子高校生が古代にタイムスリップ?!

 淡路島に住む普通の男子高校生・優弥が、古代にタイムスリップし、島の歴史をゆがめてしまおうとする魔物に立ち向かうというストーリー。20~40代のゲーム好きな人を中心に、日本遺産にも認定された淡路島の歴史や文化に興味を持ってもらおうと作られた。

 開発したのは、埼玉県のさいたま市や行田市を舞台にしたRPGを開発した実績がある井桁屋(さいたま市)。同社のRPGは、十字キーと2つのボタンで移動するなど昔のドラクエをほうふつさせるゲームシステムや、切ないストーリー展開が特徴だ。

 筆者は2作ともプレイした。特に心に残ったのが、ストーリーだ。王道ながら、予定調和に終わらないように練られており、先の展開が気になって仕方がなかった。そんな会社が、今度は最近まで住んでいた淡路島を舞台にRPGを作ると知り、楽しみにしていたのだ。

■メーンキャラはフルボイス! 島出身の人気声優を起用

 物語は、厳かな音楽とともに始まる。登場するキャラクターは、なんとフルボイス。さっそく、日本神話の国生みの神様、イザナギが出てきて、得体のしれない魔物と対峙した。

 イザナギのCVは、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のジョナサン・ジョースターや、『Back Street Girls-ゴクドルズー』の杉原和彦(カズ)を演じた人気声優、興津和幸さん。実は興津さん、南あわじ市の出身なのだ。さすがの迫真の演技で、緊迫したシーンを進めていく。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース