淡路島にインバウンドを呼び込め NARUTO人気で「アニメの里」を目指す

 人気の忍者アニメ「NARUTO-ナルト-」とNARUTOの息子ボルトを描いたアニメ「BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS」の世界観を再現した体験型忍者アトラクション「NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO)」が4月20日、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」内にオープンする。先駆けて行われたメディア向け内覧会でその全貌が明らかに。関西のインバウンド観光といえば大阪はもちろん、京都や奈良などの歴史的都市が一般的。世界にもファンの多い“NARUTO人気”で、淡路島が外国人観光客にその存在をアピールできるのだろうか?

 「ニジゲンノモリ」はパソナグループが同公園を活用して展開しているアニメパークで、これまで「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」「ナイトウォーク火の鳥」等を展開してきた。インバウンドも呼び込める強力なコンテンツとして原作コミック累計発行部数1億4千万部を誇り、世界80カ国でテレビ放映されている「NARUTO」のアトラクション化を働きかけた。

 敷地内に入るとまず木ノ葉隠れの里の5人の歴代里長の顔が彫り込まれた巨大な火影岩(ほかげいわ)に圧倒される。アトラクションは、「BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS」をテーマにした「天の巻」と、「NARUTO-ナルト-」をテーマにした「地の巻」に分かれている。「天の巻」は三階建ての木造立体迷路で、忍としての体力が問われる「うずまきコース」と、知力が求められる「うちはコース」それぞれで試練を乗り越え脱出を図る。「地の巻」は、7カ所のポイントで問いかけられる謎を解決しながら「チャクラのかけら」を集めゴールを目指す。全ての試練をクリアすると、自身の顔が火影岩に映し出される仕掛けが用意されており、入場者を大いに喜ばせてくれそうだ。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース