「小鳥遊」…この名字、読めますか? か弱い小鳥が遊んでいる状態から想像してみて!

日本の難読名字

森岡 浩 森岡 浩

「小鳥遊」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

漢字の読みからは全く想像できない読み方をするが、難読名字の代表として何度も紹介されるうちに次第に有名になった。近年ではペンネームとして使っている人もいることから、読める人も多いかもしれない。

この名字、「小鳥が遊ぶ」と書いて「たかなし」と読む。もちろん当て字で、一般的に「小鳥遊」を「たかなし」と読むわけではない。

小鳥のような弱い鳥は、タカなどの猛禽類に狙われるため、なかなか外で遊ぶことができない。しかし、タカがいなければ小鳥でも自由に遊べるだろうということで、「小鳥遊」で、タカがいない=タカナシと読む。ほとんどトンチのような名字だが、和歌山県南部の那智勝浦町に実在している。

おそらく、もとは普通に「高梨」という名字だったと思われる。分家したり、別の地域に移り住んだ際に漢字を変えることは珍しくない。「高梨」という名字は関東に集中しており、関西では少ない。那智勝浦に移り住んだ先祖が、「高梨」に違う漢字をあてようとして、こういうユニークな書き方を思いついたと考えられる。

おすすめニュース

気になるキーワード