意外と奥が深い「ジャンクション」の世界…造形美に「萌えた」人も続出

知手 健人 知手 健人
「阪神高速×土木DOBOKU」の展示物。ジャンクションの織りなす造形美に「萌える」人が続出している
「阪神高速×土木DOBOKU」の展示物。ジャンクションの織りなす造形美に「萌える」人が続出している

 世の中には多種多様なマニアが存在する。その中で、密かな盛り上がりを見せているのが「ジャンクション」なのだとか。高速道路などにおいて別路線同士を結んでいる、おなじみの“あれ”だ。きれいな幾何学模様や、複雑で迫力ある見た目が人気を呼んでおり、その魅力を紹介しているのが大阪・アメリカ村の「Loop A」(大阪市西区)で開催中の「阪神高速×土木DOBOKU」(11月1日~20日)だ。

 「土木やインフラにもっと興味を持ってほしい」と阪神高速が企画したこのイベント。見どころは展示物で、広報の尾幡佳徳さんを中心に、社員が手作りペーパークラフトなどで多彩なジャンクションを再現している。

 尾幡さんは「くだらないねー、馬鹿だねー、それでもちょっとは面白い-と思って楽しんでいただけるものを集めました。JCTについて、こんなにいろいろと集めた展示はこれまでなかったと思います」と胸を張る。

 持ち上げていろいろな角度から見ることができる作品もあり、来場者には「萌えた」などと大好評。ちなみに楽しみ方には、上から見る派、下から見る派、立体を楽しむ派の3方向があるという。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース