この“視点”ありそうでなかった 鳥の視線で街の変化を切り取ると…

たまの みか たまの みか

 普段なにげなく暮らしている街も常にどこかで工事が行われ、毎日少しずつ景色が変わっていきます。当たり前にあった風景も、いったん消えてしまうとなかなか思い出せなくなるものです。そんな変化し続ける街の瞬間を切り取り、正確な絵地図として描き残している人がいます。神戸市在住の青山大介さんは日本でも数少ない鳥瞰図絵師のひとり。大阪府立中之島図書館で現在開催中の作品展『鳥瞰図 鳥の視線で見てみると』(4月27日まで)では、異なる年代の都市鳥瞰図を比較しながら大阪や神戸といった街の変化を“青山さんの目線を通して”体感できます。

 空を飛ぶ鳥の視線で描かれたような立体的な風景画である鳥瞰図。古くは「洛中洛外図」といった屏風絵から観光地の案内看板までその種類は様々です。その中でも青山さんの鳥瞰図はアイソメトリックという製図技法を用いて描かれた精密なもの。自らチャーターしたヘリコプターから撮影した空撮画像と街をくまなく歩いて撮りためた数千枚の写真を元に、それぞれの建物を実際のサイズに合わせた縮尺で白地図に書き込んでいきます。

 高層ビルの窓枠ひとつひとつまで丁寧に描きこまれた緻密さは圧巻の一言。ですが、正確でありながらも遠近感を排除した独特の表現は実際に人の目で見て記憶に焼き付けた風景に近く、いつまでも眺めていたくなるような不思議な魅力にあふれています。

 青山さんが鳥瞰図を描くきっかけは、日本を代表する鳥瞰図絵師・石原正さんの作品『神戸絵図』(1981年発行)との出会いでした。街をそのまま描きだしたかのような鳥瞰図の手法に衝撃を受けると同時に、1995年の阪神・淡路大震災以前の神戸が描かれていたことに心を動かされたと言います。

 「震災当時は神戸市長田区で被災し、震災とその後の復興で街が激変していく様子を肌で感じていました。その経験もあり、街の変化を残すことにも大きな意味があると考えていたんです」

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース