7月15日は「海の日」ですが…船を愛する“ツイッタラー”発案の記念日でもあった

たまの みか たまの みか

 7月第3月曜となる15日は「海の日」だが、同日は「内航船の日」でもあることをご存知だろうか。今年は偶然にも海にちなんだ2つの記念日が同日となったことを記念し、兵庫・神戸市の神戸海洋博物館で「海へ届ける絵画展」が開催されている。実はこの「内航船の日」、船を愛するツイッタラー(ツイッター利用者)たちが発案した記念日。絵画展の企画もその発案者たちによるもので、ツイッターを通じて国内の海上輸送を支える内航船を一般の人にも身近に感じてもらおうという取り組みだ。

 「海へ届ける絵画展」を企画したのは兵庫県在住の2人の画家、青山大介さんと谷川夏樹さん。青山さんは自身の生まれ育った港町神戸を描く鳥瞰(ちょうかん)図絵師として知られ、谷川さんは世界各地を旅するキャラクター「コンテナくん」をモチーフに活動。両者とも海にまつわる作品が多いのが特徴だ。絵画展では海運会社のカレンダーの原画など、これまで2人が描いてきた絵画約40点が展示されている。

 2人が出会ったのは今から5年ほど前。「青山さんに影響されて急に船の絵が増えた」という谷川さん。青山さんの行きつけだった船好きが集まる神戸のバーでグラスを傾けるうち、それまでは「コンテナくん」の乗り物として描いていた船に興味を持った。店では船員など海運に従事する人々とも知り合い、内航業界の抱える問題にも触れることとなる。

 国内の港と港を行き来してさまざまな物資を運ぶ内航海運は、一般的にはあまりなじみのない業界だが、実は国内輸送の約4割を担う日本経済を支える重要な産業。特に石油製品、鋼材などの産業基礎資材においては、そのおよそ8割を内航海運が担っており、また離島では生活物資の輸送や住民の足としても船は無くてはならない存在である。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース