不妊症、病院の検査では「異常なし」だったが… 東洋医学に注目集まる、不妊治療専門の鍼灸整体院に聞く

ドクター備忘録

ラジオ関西 ラジオ関西

「不妊症」とは一般的に、一定期間(約1年)避妊をせずに夫婦生活を持っても妊娠に至らない状態のことを指しますが、クリニックで検査をしても体には問題ないと言われ、ハッキリとした原因を特定できない夫婦が増えてきているといいます。

 これまで不妊治療も含め、医療の分野では、薬・手術での治療を基本とする西洋医学が中心となってきました。しかし近年、世界中で、西洋医学では解決できない病気や体の問題を補完するとして、様々な代替医療が注目されており、その一つとして、東洋医学が海外でも急速に広まってきています。その領域は、がん治療や不妊治療・メンタルケアなど多岐に渡ります。

 そこで妊活・不妊治療を始めとした、女性の体質改善が専門の「れんげ鍼灸整体院(兵庫県西宮市)」の山城院長に話を聞きました。

――病院に行っても診断名がつかないのに、なぜか妊娠しづらいという女性の体には、一体、何が起こっているのでしょうか?

クリニックに通院してもなかなか妊娠しない方の多くは、子宮・卵巣の血流の悪化、他の内臓や脳の機能低下、メンタルの不安定など、さまざまな問題が起こっています。たとえば、内臓の弱りによる体のゆがみによって、胴体の一番下にある子宮や卵巣・腸が圧迫されます。婦人科クリニックでは卵管造影検査を行うことができますが、もし子宮が左右どちらかに傾いていたり、卵管が子宮後方中央に移動していたりという状態だったとしても、クリニックでは正常と判断されるのです。これは臓器の下垂が原因となっている場合もあり、大きな問題が存在しています。骨盤内に何かしらの圧迫があることにより、酸素不足、消化・吸収不良、子宮や卵巣への血流低下などが起きてしまい、エネルギーの不足・血液の不足・冷えにつながってしまいます。そして結果的に、「卵子の質の低下」と「子宮内環境の低下」が起きるのです。

――体のゆがみ・内臓の弱りが、妊娠しづらい体質につながってしまうということですね。病院に行っても正常と判断されてしまうというのは、なぜでしょうか?

西洋医学では薬、手術での治療が基本となりますので、それらで治せないものについては、診断しない・診断できないのです。しかし卵巣の血流状態が悪いと、受精率・妊娠率が低くなるというデータもあります。血流が悪いことにより、酸素が卵子まで運ばれず、卵子の発育はもちろん、子宮内膜も発育しにくくなってしまうのです。それらの治療には、体質の改善が必要となってきます。

――不妊治療専門のクリニックでは、一般的にはまずタイミング法、次に人工授精、そして体外受精、というステップを踏むことが多いですね。しかし東洋医学では、体質改善という考えをもとに、体や内臓のゆがみ・冷えなどを整体や鍼灸などで治療していくということですね。

妊娠を目指す方も含めて、心・体・エネルギーの調和を軸に考えています。もし根本にある体質改善をせずに、人工授精・体外受精を行ったとしても、なかなか良い結果に結びつきづらく、お金や焦りによる心への負担、ホルモン補充療法の副作用などによる体への負担が長期的にかかることで、妊娠から遠ざかってしまうという可能性もあります。しかし西洋医学を否定しているわけではなく、それぞれの役割が異なるのです。たとえば、体外受精の前後で効果的な鍼施術を行うことで、妊娠率が高まったというデータもあります。当院では、不妊症専門の病院(オガタレディースクリニック)とも提携しており、最初に体の状態の現在地をしっかりと把握したうえで、プランニングを立てていきます。それぞれに来院される方の状態によっては、双方に紹介をすることもあります。西洋医学と東洋医学の力を合わせて、より良い治療を行っていくことが大切だと考えます。

――男性不妊についてはいかがでしょうか?

男性不妊は約半数ほどといわれ、昔に比べて急増していますね。勃起障害から無精子症までさまざまですが、体外受精で胚盤胞まで育たない原因の一つは、精子の質の低下といわれています。精子の質は、一般的な精液検査ではわからないため、クリニックで診断されることはほとんどありません。私たちが考える精子の質とは、精子の「DNAの損傷」や「奇形」などの状態です。卵割が止まる原因には、精子中心体機能不全が約6割を占めるというデータもあります。こちらも体質改善に取り組んでいくしかありません。

――精子の質の低下の原因となるものは、何でしょうか?

女性もですが、やはり近年の食生活の変化が大きく影響していると思います。不妊治療学会の研究結果では、奇形精子の割合が高い20代前半の男性の多くが、カップ麺やハンバーガーを常食していたというデータもあります。

――奇形精子は、クリニックでは診断できないのでしょうか?

特殊な検査で調べることはできますが、検査費用が約10万円かかります。しかしそのお金をかけて、そうだとわかったとしても、西洋医学では治療方法が確立されていません。それであれば、そのお金を体質改善にあてた方が有効ではないかと思います。当院は男性不妊に対する施術も行っていますが、基本時には女性の施術と同じように内臓や頭の整体を中心に、仙骨部への鍼刺激を加え、骨盤内への血流量を増やしていきます。それに加えて、食事や運動・サプリメントなどを併用していきながら、個々に合ったプランニングを立てていきます。精子は約60日かけて作られ、約30日で射精に至りますので、約90日間のサイクルとしてみると、男性不妊は女性不妊よりも改善しやすい部分があります。

――れんげ鍼灸整体院では、やはりクリニックでの不妊治療で行き詰った方が来院されるケースが多いのでしょうか?妊活・不妊治療のために来院される方の年齢層はいかがでしょうか?

約7割が30代、約2割が40代、約1割が20代です。やはりクリニックで一通りの不妊治療を行い、それでも諦めきれずに、色々調べて当院へ来られる方がほとんどです。やはりまだまだ整体・鍼灸は、二番手、三番手の選択肢になっているのが現状です。既に体外受精を3回された場合や40代半ば以上の方などは、クリニックで遠回しに断られるケースも出てくるため、それから当院に来られる方もいらっしゃいます。

――妊活・不妊治療の施術を行っている整体・鍼灸院は、全国的に広がってきているのでしょうか?

妊活・不妊治療の施術を行える整体・鍼灸院はまだ限られています。しかし健康的な妊活を届けるために活動している「日本妊活協会」では、子宝整体師養成講座を開講しており、私も講師を行っています。少しずつ認知され、増えてきていると思います。

――最後に、れんげ鍼灸整体院での施術の流れを教えてください。

初回に約1時間のカウンセリングを設け、これまでの経緯と現在の悩みをヒアリングしながら、これからのプランニングを立てていきます。既にクリニックに通院して長い不妊治療を行ってきている場合、涙を流されながら、思いの丈をお話しされる方もいます。当院では心のケアにも力を入れており、一つずつ不安点や疑問点をお伺いし説明しながら、解消していきます。お持ちの場合は、クリニックでの検査結果や健康診断の結果・基礎体温表なども持参いただきます。次に、当院で基準としている体のゆがみや内臓・頭・体の状態などを確認していきます。現状を把握した状態で、体の反応を確認することも含めて施術をおこないます。当院では内臓調整・頭蓋骨調整をメインに、ソフトな施術をおこなっていきます。状態によっては、筋肉などへの直接的なアプローチや、ご希望に応じて鍼灸施術も加えます。2回目に、個々に合わせた施術計画書を提案させていただきます。皆様がもともと持っている妊娠力を高めるためのサポートとなりますが、ご自身の状態をご自身が認識して進めていかれることが、妊娠体質になり、妊娠・出産に至るまでの近道であると考えています。

山城俊介 れんげ鍼灸整体院 / 代表兼院長 /
2015年より西宮北口にて、女性と子どもの笑顔のために人生を捧げると決め、妊活・マタニティ・産後・小児の心身のケアに力を入れた鍼灸・整体などを提供している。

日本妊活協会:認定子宝整体師
分子整合医学美容食育協会:プロフェッショナルファスティングマイスター
分子栄養学カウンセラー
マスターヒプノセラピスト
整体技術スクールKDA:認定整体師
Hypno Sotai therapist(ヒプノ操体セラピスト)

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース