カレーパンは世界を救う?大盛況だった「カレーパンサミット」に潜入

知手 健人 知手 健人
会場でも大人気だった「キタキツネのしっぽ」の「北海道カレーパン」(提供・日本カレーパン協会)
会場でも大人気だった「キタキツネのしっぽ」の「北海道カレーパン」(提供・日本カレーパン協会)

 皆さんご存じだろうか?今から4年前に誕生した「日本カレーパン協会」という団体を。日本人の“ソウルフード”ともいえる日本生まれの「カレーパン」を通じて人々を笑顔にするために発足。その笑顔が最終的に「世界平和」にも繋がると信じ、大まじめに活動している同協会が、このほど大阪・あべのハルカス近鉄本店で「カレーパンサミット」というマニアックなイベントを開催した。

 事務局の宮脇小百合さんは“サミット”の狙いを「食べ比べをしてもらい、違いを意識してもらうこと」と説明。28店舗から50種類以上が集められたこのイベント、もちろんカレーパンに特化したものとしては日本最大級だ。しかも3日間(12月7~9日)の開催で1万個以上を売り上げたというから大成功だろう。

 日頃から同協会は、カレーパンを愛するパン屋さんと消費者の橋渡しをすべく、全国各地でイベントを実施。日本人の“カレーパン愛”は想像以上で、どのイベントも連日満員だという。取材日も開催時間は11時~19時だったが、15時過ぎにはほとんどの商品が売り切れ状態。協会の公式Facebookで事前に調べ、出品されたカレーパン全種類を購入する猛者もいるというから驚きだ。

 今回は大阪での開催ということで、あえて関西以外の地域から多くの種類が集められた。中でも、大人気だったのが「キタキツネのしっぽ」(北海道)の5品。「北海道カレーパン」「北海道十勝モッツァレラチーズカレーパン」「北海道和牛カレーパン」「北海道野菜カレーパン」「北海道牛タンカレーパン」と名前を見ただけでも美味しさが伝わってきそう。実際に同店の商品だけで2300個以上が売れたという。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース