【漫画】どうしても「やる気が出ない時」どうする?漫画家が勧める“謎ルーティン”、実は合理的だった!

竹中  友一(RinToris) 竹中 友一(RinToris)

「やる気が出ない時」

人気web漫画家のも~さん(@mori2ta)がそんな時に行っているという“謎ルーティン”について自身の漫画で紹介。その想像もしえない方法に、X(旧Twitter)で7万以上のいいねが付くなど注目が集まりました。

人間、どうしてもやる気が出ない時ってありますよね。ですが、それでもやらなければならない仕事や家事があったりして、モチベーションを上げるのに苦労することもあるのではないでしょうか。

そのような時、オススメだという“謎ルーティン”。一体どのようなものかというと…?

ハワイアンな音楽にゆるふわワンピースで南国の島民に

仕事柄、家に引きこもりがちだというも~さん。日々同じことの繰り返しに、どうしても気分が上がらなくなってしまうこともあるそうです。

そんな時、も~さんは「ハワイアンな音楽をかけ、ゆるふわな派手系ワンピースに着替える」のだといいます。

こうして、どこぞの南国の島民に変身したも~さん。窓の外には透き通った海が広がっている――などと想像し、さらに食べ物などに架空の名前や設定をつけたりも。漫画内では、「エ=ルレ=モアのセターナ」というものを食べており、「山の神の守護が効いていて身体に良い」と発言もしていますが、実際のところは普通のレタス(笑)。いや、確かにレタスはヘルシーな野菜ですが…。

他にも「モタ=ルーメ=エモッソ、全ての生命に感謝」などの謎言葉を発したり、架空の踊りを踊ったりしているともいいます。

も~さんによると、こうすることによって、不思議と家事もはかどるのだそう。「レッツトライ」と皆さんにも実践を呼びかけています。

一見、謎だけれど…実は合理的なロープレだった?

このようなも~さんのルーティン。一見、謎な行動にも見えますが、実はこれ、結構合理的な方法でもあるようです。

実際、も~さんによるとこれを行うことで、「なんとなくどんよりとした気分で、やらなくてはいけない簡単な家事が億劫だったりしたのが、気分がリフレッシュされて身体が動きやすくなったりしました」とのこと。

どうしてなのでしょうか…?

「(今回の謎ルーティンについて)『ロールプレイをしているんですね』とコメントをいただいて、『あ、なるほどな』と思いました」(も~さん)

ロールプレイとは、さまざまな場面や設定を想定し、その役割を演じることで、状況に対する認識を変えて順応性を高めたり、問題の解決力の習得を図ったりする手法。会社の研修や防災・防犯訓練など、さまざまな場面で導入されています。

今回の漫画で、も~さんはBGMや身なりを普段と変え、周りの状況もいつもと違った場面だと想定することで、「架空の南の島の住人」を演じ切っています。それによって、停滞した気分を上向きにし、より家事や仕事に向き合いやすくしているのかもしれません。

そんな謎ルーティンについて描かれたも~さんの漫画。これが紹介されたXのリプ欄にも、多くの反響がありました。

「どこの何かわからないけど、めっちゃ良い」
「実践してみたくなりました」
「早速明日やってみます」
「自己啓発っぽいと言うか何と言うか…ようは気の持ちよう?」
「私も毎日島民です」

も~さんに聞きました。

――今回の謎ルーティンですが、いつ頃、どのようなきっかけではじめたのですか?

も~さん:2、3年前だったと思います。ちょうどその頃に、大きいワンピースを着るようになり、Amazon Musicで色んなBGMを流すようになりました。ある日、気分転換でかけたBGMが服装とハマり、これだ…!となった次第です。

――「エ=ルレ=モアのセターナ」、「モタ=ルーメ=エモッソ」という謎言葉には、元ネタがあったり?

も~さん:全然ないです。適当に言ってます(笑)。ただ、『相席食堂』(ABCテレビ制作のバラエティ番組)で異国の料理が取り上げられていたり、漫画家のうすた京介さんの作品でそれっぽいネタがあったような気もするので…その辺は影響しているのかもしれないです。

――も~さんの漫画家らしい感性も感じたのですが、他にも日々の生活のなかで、似たようなことをされていたりはしますか?

も~さん:ルーティンではないかもしれませんが、夫のマッサージをしたり、髪を切ったりする時に店の人になりきったりすることはあります。それっぽいBGMをかけて、肩とか揉みながら「リンパを流していきますね〜」とか適当に言ってます。楽しいです。

――旦那さんやご家族とも一緒にやったりするのですね!

も~さん:お店の人になりきったり、ファンタジーな世界観で足を揉んだりもしましたね。夫がケガして村に運ばれてきた余所者、私が村で唯一の女という設定で「アタイに惚れるんじゃないよ…治ったら出ていきな!」とか、「これを塗ればなんだって治っちまうからねぇ…」とか言ってクリーム塗ったりします。夫もキャハキャハ笑いながら乗っかってくれて、ノリが良いので楽しいです。

  ◇  ◇

架空の設定を作り演じたりしながら、暮らしを楽しんでいる様子のも~さん。謎ルーティンにはしっかりとした根拠もあるようですが、何より大切なのは、毎日を楽しく暮らそうという気持ちをもつことなのかもしれません。

そんなも~さん、ご自身のブログ『も~さんの隙あらば自分語り!』でも、日々の話を更新されているとのことです。

「のんびり更新ですが、遊びに来てくださると嬉しいです」(も~さん)

また、まいどなニュースでは以前にも、も~さんと夫のき~さんとのエピソードについて、「【漫画】褒め言葉に『偉人』『優勝』 旦那さんの独特で思いやりのある言葉が刺さる『素敵な夫婦』の関係」という記事で取り上げさせていただきました。

■も~さんのX(旧Twitter)はこちら
 →https://x.com/mori2ta

■も~さんのブログ『も~さんの隙あらば自分語り!』(ライブドアブログ)はこちら
 →https://moosan.blog.jp/

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース