子どものドロドロ靴が真っ白に「メイクも落とせる洗顔料で激落ち」ツイートが話題 メーカーも「十分あり得る」

広畑 千春 広畑 千春

 買ったばかりなのに。お気に入りだったのに…。楽しすぎる水遊びと泥遊びで、雨上がりの運動場で、子どもたちの靴が見るも無惨な姿に変わり果てて帰ってくる季節がやってきました。さらに細かい泥が線維の凹凸に入り込み、皮脂や汗とも混じって…もういっそ捨ててしまいたい…。そんな絶望的な気持ちになっている世の保護者の皆さま、“救世主”は、意外な所にいたんです!

 「ナイーブで洗ったら、真っ黒ドロドロの靴がほんとに真っ白ピカピカになった!」-。4月下旬、そんな内容のツイートがネット上を駆け巡りました。その情報の元となったのが、保育園児と小学生の子どもを育てる、きみのみき@2児ワーママ(@kiminomiki2)さんが昨年末に投稿したツイート。

 「6年間の靴洗いの独断と偏見から、靴の泥汚れを1番キレイにできる洗剤は【メイク落とし成分入りの洗顔料】という事が分かりました」「私が愛用しているのは、ナイーブ」とつぶやいた、きみのさんにお話を聞きました。

ポイントは「泡のキメの細かさ」?

-いつから靴の汚れ落としの“旅”が始まったのでしょう?

「上の子どもが2歳すぎてからですから、5年ほど前でしょうか。うちの子は保育園での泥遊びが大好きで、元が何色だったのか分からないレベルに靴を汚して帰ってくるのですが、そんな子どもを毎日気持ちよく送り出すため、その頃からずっと泥汚れを落とす方法を探していました。中でも靴は特に洗うのが面倒で、泥用石鹸、靴用洗剤、衣服用液体洗剤、オキシ漬けなど色々試してきました」

-そして、行き着いたのがナイーブだったのですね。

「はい。ある時それらの洗剤が切れて、たまたま手元に買い置きしておいたナイーブがあったのでなんとなく使ってみたところ凄くよく落ちたんです。別の機会にメイク落とし成分の入っていない洗顔料も使ってみましたがそちらでは落ちず、ナイーブに落ち着きました」

-とにかく、驚きでした。

「化粧落としの成分と泥との相性が良かったのもあると思いますが、泡のキメが他の専用洗剤と比べてとても細かいので汚れに入り込んで落とせるのだと思います」

 「普段から、泥汚れの洋服の予洗いであればウタマロ石鹸を使ったり、食べこぼしだったら中性洗剤を少量かけておいたりと素材やアイテムによって色々な洗剤を使い分けている」というきみのさん。最強の靴汚れには「靴を天日干しして乾燥させる」→「乾いたら屋外で泥をブラシなどを使ってあらかた落とす」→「酸素系漂白剤につけ置き」→「メイク落とし成分入り洗顔料を付けて歯ブラシで洗う」というスペシャルコースもあるそうです。

メイク・皮脂汚れと似た成分…でもなんて贅沢!

 それにしてもメイク落とし洗顔料が…とは意外な“効果”ですが、理にはかなっているのでしょうか。

 絶賛されたナイーブを製造する「クラシエホームプロダクツ」(東京都港区)の担当者は「本来想定をしている使い方ではなかったので、メイク落とし洗顔として使ってくださっているお客様のことを思うと複雑ではありますが…」としつつ、以下のように推測します。

 「ナイーブは植物由来の洗浄成分を含み、メイク落としと洗顔の両方の効果を併せ持っています。一方、ファンデーションなどのメイク汚れは粒子の細かい粉末と油脂成分からなっており、お顔の汚れは汗や皮脂などが中心です」

 「ナイーブは少量の水でも粘り気のあるきめ細やかな泡が作れ、その泡がメイクと皮脂汚れ等に絡みやすいよう研究を重ねてきており、薄くデリケートなお顔の肌にも、できるだけ負担をかけずに汚れが落とせるようこだわっています」

 「あくまで想像ではありますが、靴の汚れも細かい泥と汗と皮脂という、メイク汚れと似たような成分ですから、『良く落ちる』というのも十分あり得ることではないでしょうか」と話します。

 今まで泥汚れといえば、漂白剤などで少々痛むのも構わずガンガン洗っていましたが…こんなふんわりもちもちの泡で洗われたら…。きみのさんによると、お湯とナイーブ、電動歯ブラシだけでも効果は絶大といい、「リツイートで『泥も落とせるくらいなんて、洗浄成分が強すぎて肌への負担が心配』というのがあったのですが、個人的には顔も洗えるくらい贅沢な泡で洗っているイメージです」とも。

 「周りのママ友にも勧めていますが、あまり試してくれる人がいなくてこの爽快感を分かり合える人がいなかったのですが、話題になって試してくれて『本当に落ちたよ!』と教えてくれる方がたくさんいらっしゃるのが嬉しいです」といい、「この機会に、汚くなっちゃったから…とまだ履けるのに捨てられる靴が減ることを祈っています」と話してくれました。

 これでもう、泥汚れも怖くない!(けど、もったいないから、世のお子さま方、どうか、ほどほど…でお願いします)

 きみのさんは、子育てや時短家電などお役立ち情報を満載したブログも執筆中です。

 ■「こんな生活どーですか?!」https://kiminomiki.work

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース