西川貴教さん、地元滋賀のスーパー平和堂「特命GM」に スーパーのイメージソング歌唱が好評「続けてほしい」

柿木 拓洋 柿木 拓洋

 アーティストの西川貴教さんが、滋賀県を地盤とするスーパー大手「平和堂」の「特命GM(ゼネラルマネジャー)」に就任した。同社のイメージソングを特別に歌った曲が好評で、客から店内放送の継続を望む声が相次いだため。押しも押されもせぬ滋賀出身のスターが、県民なじみのスーパーの“一員”になった。

 就任は21日付。平和堂のPRや滋賀県の盛り上げを担ってもらうという。西川さんは滋賀県の「滋賀ふるさと観光大使」なども務めている。

 平和堂は創業65年記念でイメージソング「かけっことびっこ」の歌唱を企画し、西川さんに依頼した。伸びのある声で歌う曲は2022年3~12月に滋賀を中心に近畿、北陸のほぼ全店で放送され、話題を呼んだ。

 放送終了後も客やファンから続けてほしいと要望が数多く寄せられたといい、平和堂が曲の再使用と特命GM就任を打診した。

 平松正嗣社長から辞令を受け取った西川さんは、自身のツイッターに同社の名刺を早速投稿し、「昨年大変反響をいただいた『かけっことびっこ』を今年も店内でお聴きいただけることになりました!」などと報告した。

 平和堂は西川さんが歌うイメージソングを24日から2024年2月20日まで営業時間中に1時間に1回(北陸の店舗は2回)流す予定。

気になるキーワード

新着ニュース