拉致被害者の生活描いた舞台に出演 家族との再会願って

空を仰いで

半井 小絵 半井 小絵
気象予報士・半井小絵
気象予報士・半井小絵

 木々の若々しい緑がだんだんと濃くなっていくこの季節は、清々しく、自然とやる気が湧いてくるものですね。大型連休はいかがお過ごしでしたか?私は連休気分も味わうことなく、あることに没頭しています。

 私は気象予報士ですが舞台女優もしておりまして、来月も舞台公演を控え、稽古の日々です。

 今回の舞台は「祖国への挽歌~日系マフィア ジョーの伝説~」。同公演は6月4日から9日まで東京・六本木の俳優座劇場で上演いたします。

 お芝居は、2015年から劇団で学び、初舞台は政府拉致問題対策本部主催の舞台劇「めぐみへの誓い-奪還-」大阪公演で、2017年、2018年、2019年と拉致被害者の田口八重子さん役を演じさせていただきました。

 この舞台劇では横田めぐみさんや田口八重子さん、拉致被害者の方々の北朝鮮での生活を描くことを通して拉致の経緯を知ることができ、また観劇してくださった方々の多くが「他人事とは思えなくなった。自分も何かしなければいけないと感じた」などの感想を持ってくださいます。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース