まぶしすぎて驚き!純金製「福沢諭吉 壱万円札」お値段100万円…松坂屋上野店で総額10億円の「金製品」が大集結

まいどなニュース まいどなニュース

 純金製「福沢諭吉 壱万円札」お値段100万円ーー7月3日の新紙幣発行を目前に控え、純金でできた福沢諭吉の一万円紙幣がお目見えします。東京の松坂屋上野店で6月26日から開催されるイベント「金の祭典」に出品される予定です。

 一万円紙幣のデザインが福沢諭吉から渋沢栄一に変わることを記念し、企画されたもの。重さは40g。サイズは160×76mm、厚さ0.17mm。桐箱入り。1000000円(税込み)。

 「1984年に発行された福沢諭吉の1万円紙幣も、7月より渋沢栄一に変わります。40年にわたり親しまれてきた福沢諭吉1万円紙幣を純金で表現しました」(同店イベントページから)

 イベントは6月26日から7月1日まで。 刻印可能な純金メダルや純金製喜平ネックレスなど、出品総額10億円以上、総出品数約300点。午前10時から午後6時半。最終日は午後4時閉場。松坂屋上野店6階催事場(東京都台東区上野3丁目29番5号)

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース