赤ちゃんとすみっコのストップモーションアニメが可愛いすぎ! 「天才では!?」「癒されました」絶賛の声

谷町 邦子 谷町 邦子

お昼寝中の赤ちゃんの周りで、「すみっコぐらし」のぬいぐるみたちが動き出す。そんなストップモーションアニメがTwitterに投稿され、多くの人から注目を集めました。“すみっコ”たちが、赤ちゃんと一緒にお昼寝をしたり、絵本を読んだり、おもちゃを片付けたり……なんとも微笑ましい動画の誕生秘話について、投稿者に聞きました。

はなこ11m(@kamehanachan)さんは、「珍しく深い眠りだったから、ずっとやってみたかった」と眠っている生後11カ月の息子と「すみっコぐらし」のぬいぐるみで、ストップモーションアニメを撮影。ぐっすり眠る男の子の周りで、ちょこちょこと動くぬいぐるみたちがなんともキュートです。

「注目ポイントは、何もしてないねこ(可愛い)」とのこと。確かに“ぺんぎん?”や“えびふらい”“しろくま”“とかげ”は本やおもちゃを運ぶなど活躍していますが、“ねこ”はなかなかやることが見つけられず、ちょっぴり不器用そうです。

投稿には「すこいすごい!!一コマ一コマ撮ったんだよね!?天才では!?」「赤ちゃん見たら、大喜びしそう ファンタジー」「お子さんもすみっコたちもかわいすぎる…」「本当に本当に素敵です。可愛すぎる、、、癒されました。」「おもろい」など、はなこさんのストップモーションアニメを称える声が多数寄せられました。

これまでも挑戦したけれど……眠りが浅くて

撮影にかかった時間は1時間程度、撮った写真はなんと185枚。撮影中に大変だったことや、動画のストーリーなどについて、はなこさんにたずねてみました。

――「珍しく深い眠りだったから」とのことですが、普段の眠りは浅いのですか?

「浅いです(泣)。すぐ起きるので、普段はまるで爆発物処理班のように慎重に静かに家事をして起こさないように気を付けています。この日は午前中にガッツリ遊んだおかげか、パシャパシャとカメラの音がしても熟睡していました」

――約1時間、撮影してみての感想は?

「何度もかがんで腰は痛かったですが、楽しかったです!」

――アニメーションにはどんなストーリーがあるのですか?

「息子がいつ起きてしまうかハラハラしていたので、ストーリーらしいストーリーは特に考えずに『このキャラは、性格的にこう動くかな…』と考えながら動かしていきました。

その結果『すみっコ達がお片付け』→『一緒に寝る』といったストーリーになりました。クリスマスが近かったので、途中でサンタさんを連れてきたり、最後に大きなすみっコがサンタ帽子を被ったりとクリスマス要素も入れてみました」

――「ずっとやってみたかった」とツイートされていますが、これまでできなかった理由は?

「理由はただ一つ、息子が起きてしまうからです。これに尽きますね(泣)。何度かチャレンジしてたんですが、いつも30枚ぐらい撮ったところで起きてしまっていました。一度寝たらグッスリ起きない夫の遺伝子を半分は引き継いでるはずなのですが…(笑)」

――ほかにも、お子さんのコスプレの写真をたくさん投稿されていますね。撮影時、お子さんはどんな様子ですか?

「基本的に機嫌良く撮影に付き合ってくれています。『牛乳を注ぐ女』の時はコーヒードリッパーをチュパチュパしまくるため『牛乳を飲む女』になりつつも、楽しく撮影しました」

◇  ◇

1回で成功したわけではないというストップモーションアニメ。30枚ぐらい撮影した状態で子どもが起きてしまい挫折しても、再びチャレンジするガッツには驚きです。はなこさんは身近にあるものを使った「0円コスプレ」などをツイッターで公開しています。

また、はなこさんは「すみっコぐらし」の大ファン。「『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が最高なので、まだ観たことない方はぜひ観てほしいです!!!」とのことです。

■はなこ10m(@kamehanachan)さんのTwitter https://twitter.com/kamehanachan

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース