これが「最強の満月」…7年間、通算400回も月を撮り続けてきた写真家が推す1枚に「神々しく美しい」と絶賛の声

今田 哲平 今田 哲平

「7年間、通算約400回撮り続けてきた中の最強の満月をどうぞ。」
こんな言葉が添えられたツイートに、4万6千件のリツイート、37万件を超える驚きのいいねがつきました。最強の満月とは、いったいどんなものでしょうか?

何という光景。
これでもかというほどに大きい満月とその下にはお城というまるで映画やアニメのワンシーンのような写真になっています。

「神々しく美しい満月!」
「文句なしで最強!」
「パソコンの壁紙にしても良いですか!」

リプ欄にも興奮冷めやらぬという声が続々と寄せられています。こちらの写真を撮られたTatsuki Ito|ta2funk.eth(@ta2funk)さんにお話を聞きました。

——こちらの写真はいつ頃どこで撮られたのでしょうか?

Tatsuki Itoさん「2018年8月に岐阜市内から撮影しました」

——お使いのカメラのブランドと種類を教えてください!

Tatsuki Itoさん「Nikonの D850です」

——こちらの写真を撮るにあたり、いちばん上手く撮れた!と思うところは?

Tatsuki Itoさん「雲と月のバランスです」

——月の写真を撮影する際に意識していることはありますか?

Tatsuki Itoさん「超望遠レンズを使うので些細なブレも許されません。ブレ対策をして慎重に撮影をしています」

——これまでたくさん月の写真を撮られてきたと思いますが、お気に入りの月の写真はありますか?

Tatsuki Itoさん「一番のお気に入りはこの写真です。撮影していて衝撃を受けたのが2021年11月の皆既月食の時です。

——これからカメラを始める人にアドバイスするならなんと?

Tatsuki Itoさん「好きという気持ちと情熱に勝るものはありません。諦めなければきっとあなたの理想の一枚がいつの日か撮影できます」

Tatsuki Itoさんは「地元岐阜県内を中心に風景やイベント、企業などの商品を撮影しています。ドローンを使った空撮も得意としております。何かあればぜひご依頼ください!」とも話していました。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース