あの名作絵本から飛び出した!?表紙の絵と瓜二つの猫さんを発見 「そっくり」「もはや本家」と大反響

鶴野 ひろみ 鶴野 ひろみ

名作絵本「なまえのないねこ」(作:竹下文子/絵:町田尚子)に登場する猫に「そっくりすぎる」猫さんの画像がTwitterで話題です。

表紙から飛び出してきたような姿でこちらを見つめる猫さんの名前は「さくら」ちゃん。兄弟猫の「てんてん」くんと暮らす5歳の女の子です。

「そっくり」というコメントと共に投稿された画像には、

「絵本から飛び出した!?」

「似顔絵ですね」

「もはや本家」

と驚きのリプが集まり、5.7万件の「いいね」が押されました。

「なまえのないねこ」は2019年4月に発売され、現在では絵本アワード4冠を達成している大人気作品。「名前」に憧れ、「名前」を探し続けるひとりぼっちの猫が、本当に欲しかったものを手に入れるまでのストーリーが描かれています。

ご本人そっくりの「さくら」ちゃんの名前には、一体どんなストーリーが…?投稿主の「どっち(@myaahcw27)」さんに伺いました。

 

――さくらちゃんとはどこで出会われたのですか?

 5年前の3月に自宅のベランダで出会いました。外から「ミャー」という声が聞こえて窓を開けたら、置いていた箱の中で生まれたての子猫が5匹わちゃわちゃしていたんです。親猫は、よくベランダに遊びに来ていた子だったのですが、母猫が育児放棄をしてしまい、父猫が1匹で途方に暮れている様子でした。それで5匹を保護し、みんなに名前を付けて育て始めたのですが、母胎で感染したと思われる猫風邪が原因でまもなく3匹は亡くなってしまいました。生き残った2匹が、「さくら」と「てんてん」です。

――絵本にそっくりの「さくら」ちゃんですね。名前の由来は?

 実はさくらは当初、トラ柄なので「トラちゃん」と呼んでいました。というのも、5匹を飼うのは難しかったので、里親を探す予定だったのです。でも、兄弟たちが次々と倒れていく中で、せっかく生き残った2匹の兄弟ですから、我が家で終生、共に暮らそうと決意しました。そのときに、改めてこの子たちの誕生日である3月27日について調べたら「桜の日」であることがわかって。桜は私の好きな花でもありましたから、「見ているだけで笑顔になれる桜のような子であれ」という願いを込めて「さくら」と名付けました。

――さくらちゃんはどんな子に育ちましたか?

 気が強くて、常に弟のてんてんを従えています(笑)。半面、寂しがりやな一面もあって、てんてんの姿が見えないと急にウロウロし始めたりします。不器用な性格なのか、甘えたいときにもそっと人の背後に来たり、気づかないうちに添い寝していたり…。強気だけどちょっと不器用、そんなところがとてもかわいらしいお嬢さんです。一方の「てんてん」は楽天家。よく暑苦しいモーションでさくらを遊びに誘ってはケンカになっていますが、気が付くと2匹くっついて寝ているほど仲良しです。

――まさに、見ているだけで笑顔になれますね。ところで、「なまえのないねこ」にそっくりだと気づかれたきっかけは?

 昨年、母が「さくらにそっくりだったから」と絵本を買ってきてくれたことがきっかけです。表紙の絵もさくらそのもので驚きましたが、読んでみると瞳の色まで同じでさらに驚きました。

――投稿画像がベストショットでした。

 さくらが爪とぎの上でくつろいでいるところに、ふと思い立って絵本を背後に置いてみたら見事に姿勢と表情が一致していたので、すかさず撮影しました!家族も「そっくりだ~!」と驚いていましたし、二度と同じ写真は撮れないと思うので、撮影できて本当に良かったです。

――「なまえのないねこ」の絵本はいかがでしたか?

 とても大好きな絵本になりました。ネタバレになってしまうので詳しくは言えませんが、絵本の猫に名前がつくとき、名付けた人がすごく特徴を捉えた名前をつけてあげるんですね。他の人間からすれば1匹の「猫」だけど、その人は愛情をもって猫を見ていたからあの名前を付けられた。そんなところがとても好きで、いつ読んでも優しい気持ちになれますし、何度読んでも泣いてしまう。これからも、1匹でも多くの猫が、誰かの「〇〇ちゃん」になったらいいなあと思います。

――絵本を知っている人も多かったようで、ツイートが大変な反響でした。

 正直とても驚いています。Twitterにうちの猫ちゃんズの写真を投稿するのは日課になっていますが、ここまで大きな反響をいただけるとは思いませんでした。みなさん本当にあたたかい言葉をかけてくださるので、お世話の励みにもなりますし、非常にありがたいです。さくらにも反響を伝えてはいるのですが、基本的にごはんのことしか考えていないようなので、本人は至って冷静です(笑)。

 

「告知やPRしたいことはありますか?」と尋ねると、「特にありませんが、うちの猫ちゃんズはお話ししたように保護猫です。ツイートやこの記事をきっかけに、保護猫という存在が皆さんの記憶に留まってくれたらうれしいです。保護猫、かわいいよ!と伝えたいです」と話してくれた「どっち」さん。やさしい声で「なまえをよんでくれる」人に出会えた「さくらちゃん」と「てんてんくん」。これからも、「なまえのあるねこ」としてどうかお幸せにね!

 ▽どっちさんTwitterアカウント

https://twitter.com/myaahcw27

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース