子どもの才能伸ばす習い事…増やしてあげたいけど…進学費用は大丈夫? みんなのかけてる金額をご紹介!

田中 瑛子 田中 瑛子

昨年10月から幼児教育・保育の無償化がスタートしました。「かかるはずだったお金が浮いたから、子どもに習い事でもさせてあげようかな…」そう考える方も多いかもしれません。しかし無計画に子どもの習い事を増やしてしまうのは危険!習い事をさせるときに気をつけたい、お金の注意点をご紹介します。

みんな習い事にどのくらいのお金をかけている?

そもそも、よそのご家庭では子どもの教育費にどのくらいかけているのか、気になりますよね。文部科学省「子供の学習費調査」から習い事や塾にかけるお金の平均をご紹介します。

まずは、学年別の平均費用を見ていきましょう。

就学前から小学校4年生ごろまでは、子どもにあまりお金がかからないため、習い事をする家庭が多く見られます。図を見ると、ピアノや水泳などの習い事にあたる「その他の学校外活動費」にかけるお金は3歳から徐々に増え、小学校4年生では月平均で約1万2,000円に。小学校5~6年生になると学習塾に通う子どもが増え始めます。学習塾や家庭教師などにかかるお金「補助学習費」の小学校6年生の月平均は約1万1,000円となっています。

中学校では部活が始まり学校外での習い事が減る一方、塾代の費用が増えます。特に入試が迫ってくる中学3年生になると、補助学習費が大きく増加し、月平均は約3万円にも!高校時代も学習塾にお金がかかります。大学進学を目指す場合は、高校受験時以上にお金がかかるケースも少なくありません。

大学等ヘの進学費用をためた上で、無理のない額を習い事に

子どもの習い事にどのくらいお金を使えるかは、世帯年収によっても異なります。世帯年収別の平均費用が、子どもに習い事させる際の一つの目安になるでしょう。例えば、世帯年収400~599万円の家庭なら小学生の場合月1万2,500円程度、中学生の場合2万円程度です。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース