新郎新婦や遠距離恋愛中のカップルにも人気 手軽にできる「そっくりフィギュア」

堀内 優美 堀内 優美

 自分にそっくりなフィギュアをつくるサービスが密かに人気を呼んでいる。

 ジューンプライドの6月は特に、結婚式のウェルカムボードとしてフィギュアをつくる新郎新婦も多いそうだ。

 このサービスを行っている大阪市北区の株式会社隆生では、2015年頃より3Dスキャナーを使用したフィギュア制作を開始。

 発祥はフランスの企業(DIGITEYEZER社)で、2014年に日本に入ってきた当初は全身フィギュアをつくるサービスを導入していたが、「全身フィギュアを制作するためには一体10万円くらいのコストがかかるため、一般的ではないので、どなたでも気軽に楽しめるよう、低価格で制作できるサービスを実現しました」と代表取締役・向井龍男子さんは話す。

 価格帯は大きさとデザインに応じて3000円台から1万円台とお手頃、イベント会場や企業への出張サービスも行っている。

 企業の周年記念や社員への贈り物、芸能人のファンクラブ向けグッズなどの注文も多いそうだが、「個人的につくってみたい」というオーダーが大半。

 正月、ハロウィン、クリスマスといった季節に応じた衣装も揃っており、ちょうど今の時期は、夏に向けての水着や浴衣といった注文が増えてきているそうだ。

 そこで筆者も、実際にどんな形でできるのか、フィギュア作りを体験してみた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース