「ヤンキーおにぎり総選挙」さまざまな具材で作った、ヤンキーシマエナガのおにぎりに23万人が絶賛

今田 哲平 今田 哲平

「ヤンキーおにぎり総選挙」と、様々な具材で表現されたおにぎりの写真を投稿したのは、ぼく、シマエナガ。(@daily_simaenaga)さん。なんともいえない可愛さのおにぎりがずらりと並んでいます。

こちらの話題のヤンキーおにぎり総選挙に対してリプ欄は、自分の好きなヤンキーを発表したりなど、とても賑わいを見せています。

「明日子供のお弁当に入れちゃろう。」
「見つけたので即買いした!」
「圧倒的にエビに惹かれた」
「エビフライが一番攻撃力高い」

このヤンキーおにぎりを作られたぼく、シマエナガさんにお話を聞きました。

ーーこちらのヤンキーおにぎりを閃いたのはどのようなタイミングだったのでしょうか?

「これまでにシマエナガのおにぎりは何度か作り投稿していました。ある時、シマエナガのおにぎりにエビ天を差し込んだ「シマエナガの天むす」というのを作ったのですが、エビフライを頭にのせたらリーゼント(ポンパドール?)に見えるということに気付いたのがきっかけです。海苔を巻いたところちょうど学ランのよう見えたので、ヤンキーおにぎりと名付けました。『ツッパリおにぎり』と投稿したこともあります。エビフライのヤンキーおにぎりが好評だったので、具をサーモンなどに変えて何度か投稿するようになりました」

ーーヤンキーおにぎりを可愛く作るには?

「頭の具と身体のバランスがポイントです。シマエナガの可愛らしいフォルムを再現したころんとした身体は1羽でご飯1合近く使います。海苔の巻き方もポイントで、前のはだけ具合や襟に見えるように巻いています。

そしてなんとってもシマエナガの目と口は一番気を付けるポイントで、●▴●で表現できるシンプルなつくりですが、身体に対しての大きさや配置など少しでもずれると個人的には全く可愛くなくなってしまうので気を付けています。皆さんも写真を参考に目と口はこだわってみてください」

ーーこちらのヤンキーおにぎりは実際に作って食べられたのでしょうか?

「撮影していただきました。お腹いっぱいになりました。食べるときは具をはずしていただきます」

ーーガチャガチャの中でのヤンキーおにぎりのお気に入りは?

「ヤンキーおにぎりのカプセルトイで一番好きなのは筋子でしょうか。筋子の粒感や質感がリアルでいて可愛いです」

ーーフォロワーの方からの反響や周囲の声で印象に残ったのは?

「皆さん可愛いとおっしゃっていただけて嬉しいです。海外の方の反応はとても大きいのですが、それは、日本のアニメに出てくるヤンキーのキャラクターに重ねてみているからなんです。意識して作ったわけではないですが、こうしたリプをいただきなるほど似てる!と思いました」

最後にぼく、シマエナガさんは、「これからもヤンキーおにぎりの新作を投稿していく予定です。あとシマエナガは最高に可愛いです」と話してくれました。

またぼく、シマエナガさんはインスタグラムでも可愛い写真を投稿しているのでそちらもぜひご覧ください!

■Instagram→ https://www.instagram.com/boku_shimaenaga/

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース