【漫画】「宿題を最後まで残しておいたら…」衝撃の自由研究に挑む息子を見守った父は、さらに自由だった

吉本 ユータヌキ 吉本 ユータヌキ

 「宿題をさいごの日まで残しておいたときの自分と家族の反応」と題した、岩手県のある小学生の衝撃的な自由研究が話題を呼んでいます。やらなければならないと分かっていながらキャンプや旅行を楽しむ甘美な背徳感。そしてその存在を思い出した瞬間、襲い来る緊張感と焦燥感。そしてそれが極限まで達した末にたどり着いた「清々しい朝」と世界平和を願う境地…。小学生とは思えない文章力と完璧な構成で書かれた自由研究。巷には自由研究のネタ本やサイトがあふれ、クラスに何人かはほぼ同じ内容の研究をしてくるご時世にあって、この研究を温かく見守ったお父さんってどんな人?と思い、お話を聞いてみました。

この漫画の記事を見る→https://maidonanews.jp/article/12699566

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース