関東は夕方から本降りの雨 九州では警報級大雨が長引く恐れ 災害に厳重警戒

tenki.jp tenki.jp

今朝にかけて山口県を中心に記録的な大雨となりました。活発な雨雲は太平洋側に南下したものの日本海側ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要です。西日本の太平洋側では所々で激しい雨が降っています。関東も夕方は本降りの雨に。

今朝までに山口県で記録的な大雨 活発な雨雲は太平洋側へ南下

今朝にかけて山口県を中心に記録的な大雨となりました。
今日11日未明、山口県下関市では1時間に85.5ミリの猛烈な雨を観測し、午前5時30分までの12時間に234.0ミリの大雨が降りました。(統計開始以来1位)
山口市でもたった半日で200ミリを超える大雨となりました。山口県を流れる仁保川では一時「氾濫危険情報」が発表されるなど危険な状況となりました。

山口県など日本海側の大雨はいったんおさまり、活発な雨雲はほとんどが太平洋側に南下しています。
ただ、雨が弱まっても、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要です。

西日本の太平洋側では所々で激しい雨が降っています。特に、四国付近に活発な雨雲がかかり、短時間で雨量が増えている所があります。
高知市では断続的にどしゃ降りの雨が降り、午前11時までの6時間降水量が127.5ミリに達しています。

四国や近畿で激しい雨 午後は東海・関東も本降りに

今日11日午後は梅雨前線が西日本から東日本をやや南下する見込みです。南から暖かく湿った空気が流れ込んで、前線付近で雨雲が発達するでしょう。

九州は雨が降ったりやんだりで、局地的に激しい雨が降るでしょう。夜遅くなるほど再び九州北部に活発な雨雲がかかりそうです。中国地方はいったん雨は小康状態ですが、突然の雷雨にご注意ください。
四国や近畿は本降りの雨が続き、昼前後は局地的に非常に激しい雨になるでしょう。
午前11時30分現在、愛媛県に洪水警報、和歌山県に大雨・洪水警報が発表されています。河川の増水や、土砂災害、低い土地の浸水に警戒してください。

東海や関東も断続的に雨が降り、午後は次第に本降りの雨になりそうです。局地的にはどしゃ降りや激しい雨となるため、雨の降り方に十分ご注意ください。

東北や北海道も所々で雨が降り、ザッと強まることもあるでしょう。

九州では13日にかけて警報級大雨が長引く恐れ

明日12日も九州や四国から関東にかけての太平洋側を中心に断続的に雨が降るでしょう。
明日12日未明には再び、九州北部に発達した雨雲がかかり、雨量が増える恐れがあります。

明日12日午前6時までに予想される24時間降水量(多い所)
九州北部地方 180ミリ
関東甲信地方、近畿地方 100ミリ

その後、明日12日午前6時から13日午前6時までに予想される24時間降水量(多い所)
九州北部地方 150ミリ

山口県などすでに大雨となっている所に、更に大雨が降るため災害のリスクが高まるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに十分警戒し、安全な場所でお過ごしください。

四国や近畿、東海、関東も局地的に雨が強まりそうです。
各地で梅雨末期の大雨となっています。この時期は過去にも大きな災害が発生していますので、備えを十分に行って安全な行動をとってください。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース