日本海側からライン状の発達した雨雲 山陰地方は災害に厳重警戒

tenki.jp tenki.jp

日本海側から活発な雨雲が南下中。すでに大雨となっている山陰地方では、明日朝にかけて非常に激しい雨が降り、土砂災害などのリスクが急激に高まる恐れがあります。厳重に警戒してください。

山陰地方にライン状の活発な雨雲 災害に厳重警戒

日本海側から活発な雨雲が南下中です。
山陰は断続的に活発な雨雲がかかり雨量が増えています。

今日10日(水)午後4時20分までの24時間降水量は島根県出雲市で211.5ミリ(7月の1位の値を更新)など記録的な大雨となっている所があり、浸水などの被害も出ています。
すでに大雨となっている山陰地方では、明日11日(木)朝にかけて非常に激しい雨が降り、土砂災害などのリスクが急激に高まる恐れがあります。厳重に警戒してください。

土砂災害の前触れは

大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。いざという時のために、ぜひ覚えておいてください。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。

土砂災害から避難するには

土砂災害から避難するには、ポイントが2つあります。

1つめは、早めの避難を心掛けることです。特に、お年寄りや障害のある方など、避難に時間のかかる方がいらっしゃる場合は、大雨になってしまう前に、行動してください。また、夜中に大雨が予想される場合は、なるべく明るいうちに、避難所など安全な所へ避難することが重要です。

2つめは、より安全な所へ避難することです。これまで、土砂災害の多くは、木造家屋の1階で被害にあっています。すでに雨が強まっているなど、どうしても避難場所への移動が困難な場合は、近くの頑丈な建物の2階以上へ移るのも、選択肢の一つです。家の中に留まる場合も、斜面から離れた部屋や、2階以上の部屋へ移ってください。

万が一、土石流が発生した場合は、土砂の流れる方向に対して直角に、できるだけ高い所へ避難することが、命を守ることにつながります。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース