頭の骨が180キロ、心臓が28キロ!? 迫力に圧倒される巨大生物の骨格標本 倉敷の博物館で展示

山陽新聞社 山陽新聞社

 瀬戸内海にある岡山県倉敷市・水島港で昨秋見つかったクジラが貴重な全身骨格標本に生まれ変わり、市立自然史博物館(同市中央)で特別展示されている。太平洋などに生息し、瀬戸内では普通見られない「ニタリクジラ」の雄。頭骨だけで長さ約3メートル、重さ約180キロに上り、全長では同館の収蔵品で最大の11.67メートルに達する圧巻の迫力で、来館者を魅了している。

 クジラは昨年9月、千葉県から太平洋を経て水島港に到着したタンカーに引っかかる形で死骸が発見された。それを知った岡山理科大(岡山市)や国立科学博物館(東京)が申し出て解剖調査を行い、シロナガスクジラに代表されるヒゲクジラ類の一種・ニタリクジラと判明。成長途中の若い個体という。

 同類の特徴で、歯の代わりになる上顎の「ひげ板」と呼ばれる器官が失われていたほか、頭骨や胸椎などに船舶との衝突時にできたと思われる骨折があり、それらの痕はそのままに全身を骨格標本化。静岡県の標本工房に持ち込み、1年がかりで脱脂や補修といった処理を施して完成させた。

 自然史博物館に大型クジラが登場するのは初めて。「倉敷にクジラがやってきた!」と題した展示では、会場の端から端までを使って何とか収めた骨格標本に加え、このクジラから取り出した直径約10センチの「左目」、ハート形で28キロの重さがある「心臓」も並ぶ。

 このほか、国立科学博物館の収蔵品で、別のクジラの胃から出てきた多量のプラスチックごみを並べ、世界的に深刻化が指摘される海洋汚染について問題提起している。

 自然史博物館の奥島雄一学芸員は「これだけ大きな生き物の標本を間近で見られる数少ない機会。人間と同じ哺乳類としての特徴をその目で確認してもらえたら」と話している。

 12月3日まで。月曜休館。一般150円、大学生50円、高校生以下と65歳以上は無料。問い合わせは同館まで(電話086-425-6037)。

 同館は今後も展示などを通じてこの標本を活用していく方針。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース