小麦を上回り、ナッツの食物アレルギーが急増 食生活で注意すべき点、対処法は?

コノコト コノコト

ナッツ(木の実類)による食物アレルギーの症例数が増加しています。中でも、くるみによる症例数が増えており、消費者庁は食物アレルギー表示の義務対象品目に加える方向で手続きを進めています。子どもの症例も急増しており、小児アレルギーが専門の富山大学医学部小児科学の足立雄一教授は「まずはナッツがアレルギーの原因になることを知ってほしい」と注意を呼び掛けています。

原因食物の3番目に

消費者庁が全国のアレルギーを専門とする医師の協力で3月にまとめた2021年度食物アレルギーの全国実態調査(0歳~92歳の6080例)によると、即時型アレルギーの原因となった食物の割合は、鶏卵が最多で33.4%、2番が牛乳で18.6%。3番目に多かったのは木の実類で13.5%を占めました。これまでの調査では「卵・牛乳・小麦」が上位でしたが、木の実類が小麦を上回りました。

木の実類の内訳をみると、くるみが最多で半数以上を占めます。原因食物全体に占める割合で見ても、くるみは7.6%を占め、次いでカシューナッツ(2.9%)、マカダミアナッツ(0.7%)、アーモンド(0.6%)、ピスタチオ(0.4%)と続きます。

即時型アレルギーを起こした子どもの年齢群別に原因食物をみると、木の実類は「1・2歳」で3位、「3-6歳」で1位、「7-17歳」で2位などとなっており、子どものアレルギー症状の主要原因になっていることが分かります。

調査報告書はアレルギー症例の増加の要因に、近年、家庭で木の実類が食べられる機会が増えたことを一つの可能性として指摘します。

財務省貿易統計によると、2021年のくるみの輸入量は、10年前の2.3倍に伸びています。健康志向の高まりで、スーパーやコンビニでもナッツ売り場には多くの商品がラインアップされています。また、学校給食でもナッツを使った献立がみられます。

これまでの調査結果を踏まえ、消費者庁は卵や牛乳などと同じように、くるみを食物アレルギー表示の義務対象品目に追加する方向で、手続きに着手しています。

子どもの様子が変…対処法は?

食物アレルギーは、食べたときに体が食物に含まれるタンパク質を異物としてとらえ、自分の体を守るために過敏な反応を起こすことを指します。軽い症状ではかゆみ、じんましん、唇やまぶたの腫れ、嘔吐、喘鳴(ぜーぜー・ひゅーひゅー)が現れます。重い場合には意識障害や血圧低下を伴うアナフィラキシーショックを起こすことがあります。

木の実類アレルギーを中心に、対処法や親が注意すべきことなどを小児アレルギーが専門の富山大学医学部小児科学教授・足立雄一先生に聞きました。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース