可愛いはずの小型犬、衝撃のお顔に爆笑「辛い時や悲しい時、救われた」 「モノボケできるワンコ」「腹筋イク」と話題に

ラジオ関西 ラジオ関西

 マルチーズとポメラニアンの両親を持つマルポメの「ぽんた君(ぽんちゃん)」。マルチーズが持つ真っ白のふわふわ毛並みに、ポメラニアンが持つ大きな立ち耳が特徴です。そのかわいらしい表情や行動がTwitterやInstagramで日々投稿されていますが、先日公開された“ユニークな顔”がSNSで話題となりました。

 ある日、家の中でガチャガチャのカプセルを投げて遊んでいたという飼い主のぽんちゃんママさん。ぽんちゃんがカプセルを取りに行き、口にくわえて戻ってきたら、チャームポイントのまん丸な目が隠れ、2本の牙が際立つ、いつも愛らしい素顔とはかけ離れた姿に……。そのギャップに「笑い死んだ」と語るぽんちゃんママさんは、この様子を写真におさめ、よく見返していたそうです。

 そして、先日「辛い時や悲しい時、何度この写真に救われたことか、、、」とTwitterで投稿したところ、大きな反響が。「うちの子もやっていました!初めて見た時腹筋イクくらい笑いました」「モノボケできるワンコ」「人を救うねー」となどと多くのリプライが集まりました。

 そんなユーモアあふれるぽんちゃんと飼い主のぽんちゃんママが出会ったのは、ふらっと立ち寄った近所のペットショップ。「ぽんちゃんを抱っこさせてもらったときに、今までになかった“ビビッ!”を感じて、この子がほかの家族の一員になるなんて考えられず……」と、運命的な感覚を覚えてその日のうちに連れて帰ったのだとか。今は真っ白な毛並みが特徴ですが、生まれてきた時は茶色い毛並みで、まるでたぬきのようだったことから「ぽんた」君と名付けられたそうです。

 ぽんちゃんのように、異なる純血種の両親のもとから生まれてくる「ミックス犬」の絶妙なかわいさは、ひそかに人気を集めており、小型犬を中心にチワマル、チワシーズー、ポメプーなどバリエーションに富んでいます。まだまだ珍しいミックス犬ですが、オンリーワンの魅力を求めて、運命の出会いを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース