ポケモンマンホール「ポケふた」が倉敷に登場 ルカリオはじめ4キャラをお披露目

山陽新聞社 山陽新聞社

 ゲームやアニメで人気の「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターをデザインしたマンホールのふた「ポケふた」4枚が27日、岡山県倉敷市の瀬戸内海を望む鷲羽山展望台や観光スポットで知られる美観地区に設置された。県内では初めて。

 キャラクター管理会社「ポケモン」(東京)が地域の観光振興につなげようと、2018年から全国の自治体に寄贈。全てデザインが異なり、倉敷市を含め17都道府県の193カ所に置かれている。

 同市下津井田之浦の鷲羽山展望台には、人気の「ルカリオ」と市特産の桃や瀬戸大橋をあしらったふたを配置。他のふたには、市立自然史博物館前が同館所蔵の標本にちなみ「アゲハント」など、阿智神社参道入り口がなまこ壁を背景にした「ケンホロウ」、倉敷市芸文館前は川舟に乗る「サルノリ」などが描かれている。

 同展望台で行われたお披露目式にはルカリオの着ぐるみも登場し、伊東香織市長と地元園児らが4枚のふたを除幕した。家族で訪れていた小学3年の男児は「大好きなルカリオに会うため、またふたを見に来たい」と話した。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース