「勘解由小路」…この名字、読めますか? 漢字で書いて日本一長い名字のひとつ…平安京にあった通りの名前が由来です

日本の難読名字

森岡 浩 森岡 浩

「勘解由小路」…この名字、読めますか? 姓氏研究家・森岡浩氏が日本人の難読名字を紹介します。

   ◇   ◇

漢字で書いて日本一長い名字は漢字5文字で、2名字が現存する。そのうちの1つが「勘解由小路」で、「かでのこうじ」と読む難読名字である。

名字の由来は京都市内の地名。平安京にあった通りの名前で、地方行政を監視する勘解由使(かげゆし)の役所があったことから勘解由小路といわれ、いつのまにか「かでのこうじ」と読まれるようになった。現在の下立売通にあたり、通りの名前としては消滅したが、勘解由小路町という町名としては残っている。ただし、現在の町名は「かげゆこうじ」である。

江戸時代初期、公家の烏丸光弘の二男資忠が新に一家を興し、この勘解由小路に因んで勘解由小路家を称した。公家には「~小路」という家が多く、そのうちの1つである。以来代々続き、明治維新後は子爵となった名家の1つである。白樺派の作家武者小路実篤の母はこの勘解由小路家の出。武者小路家も公家の子孫で、旧公家同士の婚姻であった。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース