旅先で仕事「ワーケーション」ってあり?なし? 世界遺産の合掌造りで3泊4日の体験ルポ

北日本新聞 北日本新聞

旅先で休暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」。新型コロナウイルスの感染リスクを抑えた、新しい働き方として国も推進している。10月下旬、富山県南砺市の世界遺産・相倉合掌造り集落一帯で3泊4日のワーケーションが開かれた。働きながら休むというスタイルは「あり」か「なし」か。北日本新聞の特派員が参加者の1人として寝食を共にし、現状や普及への課題を探った。

コロナ禍で関心、流行語大賞候補にも

湖面に映る木々が色づき始めていた。富山県南砺市の白山国立公園内にある桂湖オートキャンプ場。県外ナンバーのキャンピングカーや四駆車が続々と集まり、テント設営が始まった。

キャンプ場は21区画あり、電源やトイレなども備える。手際よくテントを立てる参加者の横で、1人用のテントを広げた。中にマットを敷き、寝袋と毛布を敷き詰める。外見はイモムシのような見た目だが、寝るには十分。今にも雨が降りそうな天気だけが心配だ。

ワーケーションは、仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた造語。通信環境の進展により、2010年ごろから海外で広まり、コロナ禍で関心が高まった。2020年の新語・流行語大賞の候補にもなっている。今回の事業は、新型コロナの感染リスクが少ない自然の中でワーケーションに取り組める環境を提供しようと、北日本新聞社が出資したまちづくり会社のTOYAMATO(青井茂社長)が環境省の補助を受けて初めて実施した。

全国から30人、職業もさまざま

今回参加した約30人は、東京や大阪、京都、長野など全国から集まり、職業もIT関連や製薬会社に勤める会社員から大学研究者、フリーランスのデザイナー、ライターなどさまざま。まずはビジターセンター内に集合し、自己紹介の後、グループに分かれ、「平日の桂湖の活性化につなげるワーケーションの在り方」をテーマに意見交換。積極的に手を挙げる人ばかりで、「夜の湖面を使ったナイトダムシアター」や「推理小説の舞台として映画ロケを誘致」といった意見が飛び出すなど会場は熱気に包まれた。

夜のバーベキューまで少し時間がある。会社からのメールを確認するためパソコンを開き、来週の打ち合わせ日時についてメールで返した。「東京からの急ぎの仕事があった」という人もスマホを手にパソコンを広げ、リモート会議をしていた。山間部のため、やや電波が悪いものの、無線LAN「Wi-Fi」などの通信環境があれば、東京でも富山でもどこでも仕事ができるようだ。コロナ禍を機に、テレワークが進んだ恩恵だろう。

仕事しながらキャンプファイヤー

雨が本降りとなり、バーベキューは急きょ、屋内のビジターセンターで行った。キーマカレーや海鮮アヒージョ、シュラスコなどの本格料理を手に、会話が弾む。

自己紹介から名刺交換、その後、スマホを差し出して互いにフェイスブックの友達申請やインスタグラムのフォローが始まった。スピード感あるビジネスに今やSNSは欠かせない。「今度、東京で会いましょう」「ぜひ、長野にも遊びに来てください」。意識の高い人が集まっていることもあり、初対面からほんの数時間で打ち解け、共通の趣味から新規ビジネスまで話が尽きない。所定の2時間はあっという間だった。

外に出ると、ほろ酔いも覚めるほどの雨風だった。あるグループがテント前で起こしたたき火に混ぜてもらい、暖を取った。パチパチと燃える火を眺めているだけであったまる。ここでもスマホを手に、パソコンを広げて打ち合わせをする姿が。このたき火の様子をSNSで発信すれば「映える」のは間違いない。「おやすみなさい」とあいさつを交わし、1人用のテントに向かう。外は真っ暗で、テントの中もスマホのライトだけ。満天の星空は見えず、テントをたたく雨と風の音に不安を感じながらも、案外眠ることができた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース